読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のはしっこで何かつぶやく。

BBAのひとりごとです。好きな和菓子はすあまです。

ひますぎてあたまこわれたかもしれない。1

ひとりごと

 

毎日たくさん時間がある中で

何を考え、何をするのか

何を考えず、何をしないのか

何気なく、無意識に

時には熟考して

日々取捨選択して生きている。

 

 

たくさんのものを持とうとしたり

身の丈に合わない夢をみたりするには

極限まで大切なものを捨てないといけないと思っていた。

(正確には今もそう思っている)

 

自分が抱えられる絶対量は決まっていて

質の良いものをほんの少しだけ所持する自分や、

どうってことないものをたくさん所持する自分を想像する。

でも結局、

どっちもどっちだな

って、思ってしまう。

質の良いものをほんの少しだけ持っている方が

ちょっとカッコイイような錯覚をしがちだけれど

それは違う。

 

いろいろと試行錯誤する中で

最終的には、

全て心の底から好きだと

愛していると断言できるものだけを持ちたい。集めたい。そばに置きたい。

それは、物質的なこともそうだし、

人や目に見えないもの

全てのものにあてはまる。

 

現在進行形の状態で、

本当にそれを好きなのかということを考えた時

いつもわからなくなる。

それを捨てたり、失ってしまった後に

好きだった。必要だった。

好きではなかった。不必要だった。

とわかる。

 

あぁ、でも・・・

「不必要だった」と思ったことはないかもしれない。

今こうやって文章に起こしてみて、そう思った。

いや、

そう思いたいだけかもしれないけれど。

 

 

 

当面の目標として、

過去の自分と今の自分の関係を断つことはやめたいと思っている。

それはつまり、

過去をなかったことのようにリセットして考えるのをやめるということ。

人間関係や、物質的なもの。

全て捨てて縁を切ってしまうと、

一瞬自分が今までの自分とは違う誰かになれたような錯覚に陥る。

気持ちいいのはほんの一瞬で

すぐに現実を思い知らされることになる。

自分は生まれてから死ぬまでずっと自分のままで、

他の何者にもなれっこないのだ。

自分をやめたくとも、途中でやめることなんてできない。

死ぬまで自分。

考え方によっては、この肉体が滅んだあとも、

自分という魂は永遠に自分のまま

輪廻転生を繰り返すのかもしれない。

 

簡単にいうと、

私は自分のことがだいぶ、好きらしい。

自分の欠点などを嫌だなぁと思うことはあっても

そういう部分も含めて、好きなんだと思う。

でも、それは、

自分に自信があるということとはイコールにならない。

自分を自分で認めていない。

もうちょっと、自分のことを考えてみよう。

 

 

 

あーめんどくさい!

 

 

 

さて、このブログどうしようかな。

今まで阿呆なブログしか書いてこなかったから

こういうの、慣れてないのよねんねん

 

ってか、

IDどうにかならないのかよ!

と思ってさ、

他の場所でもブログ書こうとしてみたんだけど

結局はてな使いやすいんだよね

だから、

IDはスルーしる!

4649!

 

 

 

ヨーコ